【印刷用レイアウト】

趣味 雑学 雑学書から写真集まで幅広いラインナップ

遺跡が語る、中世まじないビジネスの世界

歴史ドラマを発掘する遺跡さんぽのすすめ
遺跡が語る、中世まじないビジネスの世界


間宮 正光 /著

ISBN978-4-8069-1329-0
C0039 \1000E

定価1,080円(税込)

購入はこちら
クリック! AMAZON.CO.JP
セブンアンドワイ
【まじない】を商品とする視点でみつめ直す、
除災招福の日本史。
名もなき市井の人々からあの秀吉や家康まで、日本人が信じ続けてきた福を招く摩訶不思議な力【まじない】。遺跡発掘によりみつかった【まじない】の痕跡というフィルターを通すと、新たな中世史、いまが見えてきます。
詳細
第一章 呪力の源流を求めて
  人は【まじない】なしでは生きられない
  規制緩和が広めた【まじない】の世界
  需要と供給、商品となったまじない【まじない】
  ・・・
第二章 支配者は欲し、宗教家は応えた
  暗黒の時代がやってくる。末法の世の祈りと【まじない】
  朝敵平将門を倒した【まじない】の実力
  人は怨霊となり、そして、神となった
  ・・・
第三章 祈りの中のまじない
  神仏を駆け抜ける生と死の荒行、回峰行
  神の山から仏の山へ、立山の信仰
  究極の宣伝、地獄は北陸の立山にあり
  ・・・
第四章 乱世を生き抜く力
  神とまじないに守られた生命の誕生
  生まれて最初に出会う【まじない】の力
  天界に主の行状を報告する煮炊きの神様、竈神
  ・・・
第五章 戦場とまじない
  過酷な時代、【まじない】の需要を育む
  いくさの勝敗を決めたマインドコントロール
  軍配者を養成する中世の大学、足利学校
  ・・・