【印刷用レイアウト】

趣味 雑学 雑学書から写真集まで幅広いラインナップ

加来耕三の戦国武将ここ一番の決断

歴史に学ぶ、ビジネス社会の教訓集
加来耕三の戦国武将ここ一番の決断


加来 耕三 /著

ISBN978-4-8069-1525-6
C0021 \1850E

定価1,998円(税込)

購入はこちら
クリック! AMAZON.CO.JP
セブンアンドワイ
現代ビジネス社会を生き抜く人へ贈る、
真田信繁(幸村)はじめ、60余名の生き方!
人生の岐路に彼らはどう対処したか、乱世を勝ち残るための分岐点に彼らが選択した道は?戦国武将60余名の生命懸けの行動に見る、人生サバイバルのヒントと処世の教訓集。
詳細
第一章 個性必ずしも是々ならず
  伊勢宗瑞(北条早雲) 戦国のスタートを切った武将の正体
  武田信虎 部下の台頭を読みきれなかった
  毛利元就 権謀術数と閨閥作りを専らとした
  滝川一益 主君信長に頼りすぎて先を見誤った
  上杉謙信 強い保守性から脱皮できなかった
  織田信長 人も技術も鉄砲も“道具”としかみていなかった
  豊臣秀吉 忠義心厚い、敵の二重スパイを抜擢した…
第二章 使いこなすのは将の器量
  伊勢宗瑞(北条早雲) 情勢分析と“侠気”
  松永久秀 信長一人に翻弄された“悪党”
  武田信玄 「嚢中の錐」真田幸隆を使いこなした
  織田信長 勝利の確信が持てるまで、じっと我慢した意外性
  豊臣秀吉 主君が超ワンマンだったればこその昇進
  浅井長政 信長構想を破綻させた若き名将
  黒田官兵衛 己れの不得手を家臣育成でカバーした…
第三章 私には私の生き方がある
  北条氏康 信玄・謙信と互角に戦う
  武田信繁 実兄信玄の身代わりとなって死す
  斉藤義龍 父より権力を奪う
  織田信長 執拗な攻めで美濃を根負けさせた
  本田正信 あえて汚れ役に徹して、家康を天下人にした
  浅野長政 秀吉の妻・おねに従って豊臣家を見限った
  北条氏直 下克上を忘れて滅ぶ…
第四章 戦術・戦略なくして勝利なし
  井伊直虎 女城主の実力
  蓮如 「小」が「大」を飲み込むM&Aを駆使した
  大友宗麟 キリシタン王国建設を夢見て信頼を失う
  真田幸隆 信玄に勝るとも劣らない軍略・兵法の達人
  柴田勝家 部下を抑えきれず、盟友を信じすぎた悲劇
  上杉謙信 天才戦術家の憂鬱…
第五章 生き残りに奇策なし
  斎藤道三 二代で“下剋上”した
  柴田勝家 その豪胆さで信長にも一目置かせた猛将
  佐久間信盛 木を見ても森を見られず、クビになった
  明智光秀 天下人になれず「逆臣」となった
  織田信長 「天下布武」の原動力
  丹羽長秀 頑固者でも、組織の“潤滑油”として重宝がられた
  豊臣秀吉 黒田官兵衛を重用した眼力…