【印刷用レイアウト】

暮らしの実用書 家庭の医学 あなたの暮らしの中にあると便利な本です

乳がん 予防・治療・再発防止がよくわかる本

乳がん治療の第一人者が伝える
乳がん 予防・治療・再発防止がよくわかる本

杏林大学医学部 教授
井本 滋 /著

ISBN978-4-8069-1384-9
C2047 \1250E

定価1350円(税込)

購入はこちら
クリック! AMAZON.CO.JP
セブンアンドワイ
自分で触れて、気になるシコリや引きつれを見つけたら…。
乳がんの不安を抱えるみなさんへ送る、【予防】【治療】【再発防止】に役立つ専門医による医療情報集。
早期発見する方法は?どんな検査方法・治療法があるの?ふだんの生活で気をつけることは… 乳がん治療の最前線で活躍する第一人者が伝える、安心して納得の治療を受けるための本。
詳細
第1章 「乳がん」と言われても、あせらないでください…!
  1.日本では女性の“16人に1人”が乳がんにかかります
  2.なぜ、最近になって急速に乳がんが広まっているのでしょうか?
第2章 乳がんのいろいろな検査と確定診断
  1.乳がんは自分自身で早期発見できる唯一のがんです
  2.乳がんのいろいろな検査方法を知っておいてください
  3.マンモグラフィーとエコー検査の違いはどんなこと?
  4.「病理検査」でわかる顔つきのよいがん、悪いがん
第3章 乳がんの病期(ステージ)と治療の組み立て
  1.「非浸潤性乳がん」と「浸潤性乳がん」 どんな違い、病状があるの?
  2.「乳がん」にはどのような進行段階があるのでしょうか?
  3.乳がん治療の組み立てはどのように行うのでしょうか?
  4.「第二の意見」として治療方法を聞くセカンドオピニオン
第4章 乳がん治療の根幹となる手術切除
  1.乳がんは「集学的治療」の時代ですが、手術はまだ治療の根幹を成しています
  2.リンパ節にがん細胞があると、全身に転移する危険性が高まります
  3.センチネルリンパ節生検は、リンパ浮腫などの後遺症を予防します
  4.「乳房再建」についてこれだけは知っておきましょう
第5章 がん細胞を死滅させる放射線療法とは?
  1.放射線療法は、目に見えないがん細胞を死滅させる目的で行われます
  2.放射線療法に合わない人はいるのでしょうか?
第6章 がん細胞を根絶やしにする薬物療法の効果
  1.乳がん全身治療に用いられる薬物療法は3種類に大別されます
  2.ホルモン療法の基本は、「ホルモン感受性乳がん」であること
  3.抗がん剤は手術の前に使うもの?それとも、後に使うもの?
  4.抗がん剤の代表的な種類とさまざまな副作用について
  5.がん細胞のみを攻撃する分子標的治療の効果
第7章 再発・転移したときの考え方と治療について
  1.手術が終わった後の患者さんの不安をめぐって
  2.「再発」や「転移」とはどのようなものでしょうか?
第8章 乳がんの最新治療は、今、どのような方向に向かっているでしょうか?
  1.乳がんのさまざまな最新治療の取り組みとその特徴
   ・手術療法
   ・効果予測因子と予後予測因子
   ・最新薬物療法
   ・これから期待されている新薬
   ・その他の治療法
   ・コンセンサス会議と診療ガイドライン
第9章 乳がんの人の食生活改善と日常生活の過ごし方
  1.食生活は乳がんと向き合う明日の処方箋です
第10章 補完代替医療と上手につきあう法
  1.補完代替医療は乳がん治療の決め手となるでしょうか?
  2.がんは生きることの大切さに気づかせてくれる病気です