【印刷用レイアウト】

公務員・就職・入学試験 就職 試験合格を目指す人への応援ブック

看護と介護の連携ワークブック


看護と介護の連携ワークブック

学校法人大阪滋慶学園
大阪保健福祉専門学校 /監修

ISBN978-4-8069-1591-1
C3047 \3200E

定価3,456円(税込)

購入はこちら
クリック! AMAZON.CO.JP
セブンアンドワイ
養成校の授業でも、現場での実習や研修にも使える、≪医療・福祉連携≫のスキルアップ・ワークブック。
実際の現場でも活用できる! 講義・演習・実習でステップアップしながら、チームでの≪医療・福祉連携≫の実践力を養っていきます。
詳細
はじめに
看護と介護の連携ワークブックでの学び方
私の宣言
STEP1 ヘルスケアチームの中の看護と介護について知る
  1.看護と介護の連携の意義と必要性
  2.ヘルスケアチームの必要性と他職種連携
  3.看護職と介護職の活躍の場
  4.看護の概念と看護職の役割
  5.介護の概念と介護職の役割
  6.看護職と介護職が用いるプロセス
  7.医療と副詞をつなぐ共通言語としてのICF
  8.看護職と介護職の考え方「モデル」について
  9.看護職と介護職の考え方「傾向」について
  10.倫理要綱からみる看護・介護の相違点
STEP2 看護・介護の視点で事例を検討する
  1.STEP2の流れ 90分
  2.【事例】褥瘡がある対象のケア
  3.事例についての看護・介護の視点を書いてみよう
STEP3 看護・介護合同グループでの事例を共有する
  1.STEP3の進め方
  2.双方の援助内容からチーム目標、自職種の役割、他職種の役割について考えてみよう
STEP4 ロールプレイのシナリオ作り
  1.STEP4の進め方
  2.連携シナリオを作ってみよう
STEP5 ロールプレイングにより連携を体験する
  1.STEP5の進め方
  2.自分以外のロールプレイを観察して気づいたことを書いておこう
  3.教師の総括を聴きながら感じたことを書いておこう
  学習のまとめ
福祉・医療関連用語集