【印刷用レイアウト】

代表メッセージ
土屋書店のこれからのビジョンやチャレンジについて、代表からのメッセージです。

「出版を通じた社会への貢献」こそが、私たちのミッションです。

つちや書店は、1960年の設立以来、半世紀に及び、実用書と人文図書を中心に、
数多くの書籍を刊行し続けてまいりました。
それは、人々が社会生活を営むうえで実際に必要な、身近で役立つ知識や知恵、
情報やノウハウこそが、もっとも大切だと信じてきたからです。
「出版を通じた社会への貢献」をミッションとして掲げる、この信念は、
今も揺らぐことはありません。
しかしながら、この信念をさらに強固にし、より多くの皆様の支持を獲得し続けるためには、
これまで築き上げてきた伝統のうえに、新たな発想を加え、
タイムリーに情報発信していくことが必須であると考えています。
 書の歴史は3,000年も続いています。
現在、出版業界は、他のマスメディアなどに比べ、
かつてほどの規模を誇るものではなくなりましたが、
それでも年間8万点近い新刊書が発刊され、
約80万点にも上る多様な出版物が市場に流通しています。
確かに、世の中は「電子書籍」の台頭など、IT技術の進歩によって大きく変わろうとしています。
しかし、断片的で短絡的な情報が、途方もなく大量に全世界へと散在される時代だからこそ、
「1冊の本」としてコンパクトにまとめられた活字情報、
活字文化は現代の実社会に生きる人々の足元を照らし、
より確かな未来、夢ある未来へと先導してくれるのではないでしょうか。
 つちや書店は小さな出版社ですが、
生きていくうえで糧となる「確かな情報」と「確かな知」を発信し続けていく
社会的使命があると考えています。
そのために、時代の潮流を読み取りながら、社員一同、自律協同し、
日本の新しい出版の道を切り拓きたいという
強い思いをもって、常に次代へ視線を向けた、斬新な取り組みにチャレンジしてまいります。

つちや書店
代表取締役
下村 康